​足陽 代表 小川 由起  認定フットケアアドバイザー

生まれも育ちも三重県四日市市!四日市商業高校卒業後、市内商社に就職、社内結婚で退社後、2人の子供に恵まれ、現在3人目を妊娠中です。2人目出産後ボロボロの身体に悩み、見つけたインソール!そこから、猛勉強をして知った「足の骨格の歪みが身体に与える影響」について…。このインソールで人を救えないかと米国足病医学を勉強し、認定フットケアアドバイザーの資格を取って、インソールの販売を始めました!インソール販売はもちろん、企業様やクラブチーム様向けの「靴の履き方・選び方」講座などもします。足腰トラブルを減らし、莫大になっている医療費削減にも貢献し、未来の子供たちにも繋げたいと思っています。

主にオーダーメイドインソール販売と足のカウンセリングをしています。

オーダーメイドインソールが果たす役割としては、「骨格補正」です。一人一人の足のサイズが違うように、足の骨格も個々に違います。その骨格をオーダーメイドインソールで補正することで、身体の骨を足元から整えてくれます。既に歪んだ骨格の状態でその足の形にインソールを作っても補正はされません。その人の足の正しい状態(ニュートラルポジション)に合わせて、且つ適度な硬さをもって作らなくてはいけません。そのニュートラルポジションをすべて機械で測定し、国内で製作します。
足に関しては、日本ではあまり重要視されていないという現実を踏まえて、以下の足の大切さについてご覧ください。

米国には足専門の医者で、”足病外科医(ポダイアトリスト)”がいます。日本には足病医という資格自体がありません。そんな日本では、足の骨格が崩れていない人を探す方が困難なほど、ほとんどの人が骨格に歪みがあり、何らかのトラブルを抱えています。
日本は、土足文化ではない為、「靴」というものは、脱ぎやすく履きやすい、ということを考えて靴選びをする方が多くいます。これこそが骨格の崩れを助長してしまいます。知らなければ、骨格の歪みは酷くなり、いずれトラブルが生じることに繋がる可能性があります。
そのトラブルとは、頭痛、歯の噛み合わせ、肩こり、腰痛(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症等)、膝痛、足裏痛、外反母趾、たこ、魚の目等、言い出したらキリがないほど、たくさんのトラブルの原因となります。
自分の足の状態を知ることは、自分の未来を知ることです。
健康にいい食事を摂るのと同じように、健康な足で歩くために正しい靴を履き、インソールを活用して未来をよりよくしていきましょう。

足の測定は、完全予約制で事務所までお越しいただくか、訪問での計測も可能です!
お気軽にお問合せください。

  • Facebook
  • Instagram

​LINE公式アカウント

​070-8410-8322

​三重県四日市市で活動中